管理栄養士が機能性表示食品を実際に食べてレビューします

管理栄養士が機能性表示食品を実際に食べてレビューします

キノウノミカタ キノウノミカタ

機能性表示食品って何?

2015年から、新しく機能性表示食品という商品が出てきました。テレビのCMや新聞の広告などでも目にすることが増えてきましたが、そもそも機能性表示食品って何なのか?新しくスタートした制度とは何か?ををまとめてみました。

main_image

機能性表示食品って何?

「機能性」という言葉、食品には難しそうですが、「おなかの調子を整える」「脂肪の吸収をおだやかにする」など、健康の維持や増進などに役立つ健康効果を「機能性」と言い、その「機能性」をパッケージや広告などに表示できる食品のことが「機能性表示食品」です。

「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、特定の保健の 目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という食品の機能性を表示する ことができる食品です。
消費者庁「機能性表示食品」って何?

これまで食品の機能性に関して、表示することが認められていたのは「トクホ(特定保健用食品)」と「栄養機能食品」の2つだけでしたが、2015年に機能性表示制度という制度ができて、安全性や機能性について一定の条件をクリアすれば、企業や生産者の責任で、健康効果や機能を表示できるようになったのです。

そもそもトクホや栄養機能食品って何?

特定保健用食品(トクホ)
健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの 吸収を抑える」などの表示が許可されている食品です。表示されている効果や安全性 については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。

栄養機能食品
一日に必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給・補 完のために利用できる食品です。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基 準量含む食品であれば、特に届出などをしなくても、国が定めた表現によって機能性 を表示することができます。
消費者庁「機能性表示食品」って何?

トクホ(特定保健用食品)とは、トクホマークがついた食品です。テレビのCMなどでおなじみの商品もあるかもしれません。個々の商品ごとに、国に科学的根拠を示して、有効性や安全性の審査、許可を受けて、保健の効果(健康効果)を表示することのできる食品です。
トクホ商品であれば、「脂肪を燃焼しやすい」「脂肪が付きにくくなる」などの健康効果や機能性を、商品パッケージやテレビCMなどで使うことが許可されています。

image

栄養機能食品とは、サプリメントなどでみかける方も多いかもしれません。
ビタミンやミネラルなど、国が指定する17種の栄養成分について、一定量を含んでいる商品に限り、各企業の判断で栄養機能食品に指定でき、栄養成分そのものの効能について、商品パッケージなどに記載することができます。

表示できる栄養成分は、人間に不可欠な栄養素で科学的根拠が認められて確立されたもので、以下の、ミネラル5種類、ビタミン12種類が該当しています。
ミネラル・・・カルシウム、亜鉛、銅、マグネシウム、鉄
ビタミン・・・ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸

それではなぜ機能性表示食品ができたの?

●機能性を表示することができる食品は、これまで国が個別に許可した特定保健用食品 (トクホ)と国の規格基準に適合した栄養機能食品に限られていました。
●そこで、機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やし、消費者の皆さんがそう した商品の正しい情報を得て選択できるよう、平成27年4月に、新しく「機能性表示食品」制度がはじまりました。(消費者庁「機能性表示食品」って何?

今までのトクホ、栄養機能食品に加えて、新しく機能性表示食品ができた理由は以下の2つです。
①機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やす。
②選択肢が増える中で、消費者が商品の正しい情報を得て商品を選ぶことができるようにする。

消費者の立場から考えると、商品の選択肢が増えることは歓迎ですが、その分、商品の正しい情報をしっかり入手し、商品を正しく選ぶことがますます重要になってきたといえると思われます。